読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和の棚の会 ~争いと差別のない暮らしへ~

2008年12月に20社の出版社で設立した「平和の棚の会」のブログです

東京堂書店ブックフェア  トークイベント第一回

東京書店ブックフェアでのトークイベント企画第一回です。

『民主主義をどうしますか。』(七つ森書館)刊行記念 山口二郎さん×佐藤優さんトーク&サイン会

民主主義をどうしますか。

民主主義をどうしますか。

立憲主義の政治学者が、稀代の論客・佐藤優さんを迎えて、「安倍政治と戦うための理念、政策、運動を考え──安倍的なるものの実態を見据え、どこから戦いを起こすか、どこに攻め込むか」をいっしょに考えるトークセッションです!第2次安倍政権発足から3年4カ月。特定秘密保護法、安保法制、TPP、原発再稼働、沖縄辺野古新基地建設……、憲法改悪まで口走るようになりました。このような政権を倒すために、参院選を見据えます。

山口二郎(やまぐち・じろう)

法政大学法学部教授(行政学・現代政治)。北海道大学名誉教授。
憲法に従った民主政治を回復するために活動する立憲デモクラシーの会共同代表。
著書に『内閣制度』(2007年、東京大学出版会)『政権交代とは何だったのか』(2012年、岩波新書)『集団的自衛権の何が問題か』(共著:奥平康弘、2014年、岩波書店)など。

佐藤優(さとう・まさる)

作家。外務省でイギリス大使館ロシア大使館勤務後、本省主任分析官としてロシア外交最前線で活躍。2009年、外務省を失職。
著書に『国家の罠──外務省のラスプーチンと呼ばれて』(2005年、新潮社、毎日出版文化賞特別賞)『自壊する帝国』(2006年、新潮社、新潮ドキュメント賞大宅壮一ノンフィクション賞)『危機を覆す情報分析──知の実戦講義「インテリジェンスとは何か」』(2016年、KADOKAWA)など。

開催日時:2016年4月27日(水) 19:00〜(開場18:30)
開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
参加方法:参加費500円(要予約)

参加ご希望の方は、東京堂書店神田神保町店の店頭または電話(03-3291-5181)にて、『山口さん佐藤さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
インターネットでのご予約は下記の東京堂書店のウェブサイトより『お申込みはこちら』のリンク先専用応募フォームからお申込み下さい。
4/27(水) 19時~ 『民主主義をどうしますか。』(七つ森書館)刊行記念 山口二郎さん×佐藤優さんトーク&サイン会 | 東京堂書店 最新情報

イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。

※当日17:00より1階レジカウンターにて受付を行います。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。

主催:東京堂書店神田神保町店、七つ森書館
共催:平和の棚の会